Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

コロナで変わってしまったもの

コロナでの自粛生活になり、コロナの前とかなり変わったところがあると思います。

自分の周りで変わったな・・・と思うところとしては・・・

 

■ みんなマスク装備

マスクが品薄の時はあまりでしたが、最近はマスクがある程度確保できるようになったこともあって、今はもう、誰もがマスクをしている状態。

マスクをしていない人を探すほうが大変というくらいです。

すでにもう日常になりつつありますが、これからはずっとマスクを付けているのが当たり前、マナーという感じになるのでしょうか。

 

■ 手すりを触らない

エスカレーターとかでも、手すりを持っている人がいないですね。

支えるとしても、手すりをもつというよりは、手すりに肘を当てて支えるという感じでしょうか。

やはり誰が触っているかわからないというものは、前はそれほど気にならなかったですが、今はもうそういうことに関して敏感になってますね。

一回こうなってしまうと、今後は今までのように戻ることはないかもしれないですね。

 

 

緊急事態宣言が全面的に解除されましたが、これからどうなっていくんでしょうか。

少なくともコロナウィルスによる感染は抑え込むように努力は続けていかないといけないですが、この数ヶ月で、一気に多くのものが変わってしまった気がします。

一番変わりそうなのは、学校制度でしょうか。

4月入学から9月入学へ徐々にシフトするような案も上がっていますし、これからどうしていくかが本格的に議論されると思います。

 

仕事も、今までのように毎日会社に行っていましたが、テレワークや在宅勤務に移行できた部分もあることから、今後はテレワークや在宅勤務ももっと増えていき、勤務形態も大きく変わる気がしますね。