Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

テレワーク型OJTの難問

今年は「withコロナ」という状況になり、在宅ワークがメイン

そんなわけでOJTも半分以上はテレワークで実施することになっています。

これを「テレワーク型OJTという用語で表現するとすると・・・ 

 

テレワーク型OJTだと、やはり一番のネックは「コミュニケーション」

今までだと、日々、顔を合わせつつ、会話しつつ、仕事の進め方や製品知識の説明を進められます。

ただ今回は、それがほぼ達成できていません。

顔を合わせるのも、週の半分。

それに、職場に出社するのも、最低限にするようにという指示も出ているため、その新人は私以外のメンバーとは顔も知らない状態。

f:id:coublood:20200913230113p:plain

毎日、ミーティングがありますが、それも音声通話のみであるため、その場で現在の状況を報告するくらいであるため、なかなか接点がない状態です。

やはり同じプロジェクトでも、顔を知らないメンバーに自分から積極的にコミュニケーションをとるのは、人によっては難しいでしょうね。

 

あとはこちら側からのフォローも難しい

常に監視とは言わないですが、出社している状態なら、ある程度顔を見つつ、状況を見つつフォローができますが、テレワークだとそれがわからない。

そのため、フォローのタイミングも掴みづらいですね。

頻繁にフォローするのもかえって邪魔になってしまいますので。