Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

GHOST OF TSUSHIMA (ゴースト・オブ・ツシマ) 其之十三 -豊玉(政子編・石川編)-

■ ゴーストオブツシマ

f:id:coublood:20201017145637j:plain

サブシナリオのほうも徐々に面白い展開に。

 

■安達政子編

f:id:coublood:20201107232645j:plain

f:id:coublood:20201107232721j:plain

家族を殺された仇討ちで、その犯人を捜すのが「安達政子の章」の主な展開。

しかし、この政子さん、家族を殺された恨みからとはいえ、関係者を見つけると、黒幕を吐かせる前に殺そうと(実際に殺してしまったことも)してしまいます。

ついにこの豊玉で見つけた最後の1人…また怒りで殺そうとしていまいますが、それを止めようとする仁とついに・・・

f:id:coublood:20201107233130j:plain

f:id:coublood:20201107233143j:plain

f:id:coublood:20201107233159j:plain

f:id:coublood:20201107233215j:plain

そして、その政子を倒した仁・・・。

でも、そこはやはりその事情や背景、そして今まで一緒に戦ってきた絆もあってか、無事に和解。

f:id:coublood:20201107233327j:plain

f:id:coublood:20201107233340j:plain

f:id:coublood:20201107233400j:plain

そして、安達家を滅亡させようとした黒幕も明らかに…。

ただ、決着は、上県(かみあがた)に持ち越しのようです。

 

それにしても、このあたりのシーンは、本当に見どころがありました。

復讐にも得る政子、それを諫める仁。それによって剣を交えることになってしまう展開。

でも、これで政子と仁の絆は深まった気がしますね。

 

■石川先生編

石川先生のシナリオは、失踪した弟子の「巴」 を追いかけるお話。

厳原では、ただただ巴の足跡を追いかけ、蒙古を倒す・・・という展開で進展はほぼありませんでしたが、豊玉に来て、ようやく進展が。

ついに巴本人が登場。 

f:id:coublood:20201107233803j:plain

f:id:coublood:20201107233833j:plain

f:id:coublood:20201107233849j:plain

f:id:coublood:20201107233902j:plain


てっきり巴と戦うことになるのかと思っていたら、巴は崖から飛び降りて逃亡。

結局、豊玉でも決着せず、上県(かみあがた)へ持ち越しのようです。

ただ、巴が(本物かどうかはわかりませんが)死んでいないことがわかったので、最後は石川vs巴の決着がどうなるかは注目ですね。

しかし、石川先生側も今までの会話を聞いていると、先生の巴への接し方にも問題があったんじゃないかとも思えますけどね(苦笑)