Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

改行コード

昨年から始まった新人教育ネタです。

昨年入ってきた新メンバーの作業で発生したお話。

(詳しく書くと業務内容に関係してしまう情報が入ってしまうので、内容も少し一般的な内容にしています)

 

ある定義ファイルを読み込んで、読み込んだ内容の解析をする処理を作っていました。

製品の対応プラットフォームとしては、WindowsLinux

その2つで同じ処理のプログラムを作成するという課題。

 

--------------- 

[例]

Option1=A

Option2=B

--------------- 

といったように、「<プロパティ名>=<値>」という形式のファイルの解析。 

 

処理を作り、Windowsデバッグやテストをして無事に動くことを確認して、さあ、次はLinuxだ!となりました。

半日くらい経って、もう終わったかな?と思って進捗を聞いてみると・・・

「ファイルの読み込みはできているんですが、なぜか値のチェックが正しく動作しないです」

・・・という申告。

f:id:coublood:20210104235611p:plain

実装を見る限り、別に処理は間違っておらず、そもそもWindowsでうまくいっていることから、やはり気になったのは、定義ファイル側。

見てみると、やはり改行コードが正しくありませんでした。

聞いてみると、Linux上でファイルを作ったわけではなく、Windowsで作ったファイルをLinuxマシンに転送したとのこと。

転送モードを聞いてみると、「?」という感じで「普通に転送しました」という回答。

なるほどねと思ってみてみると、やはりバイナリモードで転送しており、改行コードが間違っていました。

 

改行コードはプラットフォームごとに差異があり、

が基本。

異なるプラットフォーム間をバイナリモードで転送すると、当然改行コードもそのまま転送されてしまうため、Linuxに転送したファイルの改行コードが「CR+LF」となってしまっていました。

CR (Carrige Return) :キャリッジリターン

LF (Line Feed) :ラインフィード 

そのため、「=」から後ろを取得した際に、例えば、「Option1=A」の行の場合、「A」が期待値ですが、「A<CR>」となってしまい、後続の処理で「Aか?」という判定が想定通りに動いていませんでした。

(判定文での値の比較が「A = A<CR>」となってしまうため)

 

単純で当たり前な話ですが、当然、WindowsLinuxの違いは何か?という点を知らないと、案外ハマりがちなのかなと。

前に新人の面倒を見たときも、同じようなことで引っかかりましたからね。