Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

凍牌 完結

昨日、本屋へ行ってみると、続刊を待ち望んでいた本が結構出てました。

 

凍牌 ミナゴロシ篇 10巻 [終] 

長く楽しませてもらった凍牌もいよいよ最終巻。

正直、最後はどういうオチが付くのかと思いましたが、最後は白翁にも堂島にも勝ち、優勝しましたね。

それにしても竜鳳位戦って、描かれた27回と28回、どちらも決勝では死者が…(苦笑)

ここまで来るまでに、対戦相手やそのパートナーも含めて、犠牲者は大量に出てますし、本当に壮絶でした。

麻雀の大会といえど、ここまで命をかけた戦いになるのも凄いものです。

それだけ賭かっているものも大きいということで。

 

最後は裏稼業を引退して表に戻ってハッピーエンドかと思いましたが、ここまで裏の世界でも有名人になり、守るものが増えてしまったら、もう表に戻れないですよね。

あれだけ裏の世界から足を洗いたがっていましたが、最後はやはり…という感じで。

まあそれでも、ハッピーエンドにはなったのかなと。

良かったのかなと思います。

 

これだけ死者がいっぱい出ている中で、アミナも優も生き残ったのはすごいですよね。

最終巻の見開きに、メインキャラが描かれたページがありましたが、よくよく考えると半分以上は軽く死んでますからね…。

 

BLACK LAGOON (12) 

毎巻楽しみにはしているんですが、なんせ発売日間隔が長すぎて、前の内容をほぼ覚えていないです(苦笑)

今回もまた新しいキャラが登場ですね。今度の敵は5人組の女性グループ。

 

BLACK LAGOONの世界って、女性がメチャメチャ強いですよね。ホテル・モスクワの姐御も鬼ですし、もう出ないかもしれませんが、例のメイドさんとかもメチャ強ですし。

時々登場する、始末屋ソーヤーや、今巻大活躍のシェンホア・・・。

怖い世界です(苦笑)

 

味方でも簡単に切り捨てられる世界。

味方が捕まることで情報が漏れるなどのリスクがあれば、味方でも射殺しようとするのは、こういった世界だと当然行動なのかもしれませんが、殺しきれなかった場合には復讐されるリスクもありますからね。

今回まさにそんな感じ。

 

正直、そろそろBLACK LAGOONも終りが近づいてきましたかね。