Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

GHOST OF TSUSHIMA (ゴースト・オブ・ツシマ) 其之二十五 -地頭の心-

■ ゴーストオブツシマ

f:id:coublood:20201017145637j:plain

 

いよいよ蒙古軍、コトゥン=ハーンとの決戦間近。

まずは敵陣視察からですが…

 

f:id:coublood:20210829180221j:plain

f:id:coublood:20210829180225j:plain

f:id:coublood:20210829180230j:plain

f:id:coublood:20210829180234j:plain

f:id:coublood:20210829180237j:plain

f:id:coublood:20210829180242j:plain

f:id:coublood:20210829180246j:plain

f:id:coublood:20210829180253j:plain

f:id:coublood:20210829180256j:plain

f:id:coublood:20210829180300j:plain

f:id:coublood:20210829180306j:plain

 

敵陣を視察し、最終決戦前の準備。

そして決戦のときにはちょうど嵐が来そうという感じで。

ここで神風と絡めてくるのはさすがですね。

 

ただ、最終決戦に挑むにしても、仁・鑓川・僧兵軍はどちらかというと少数精鋭ということで、自軍の数は圧倒的に足りていないという問題が。

これを解決するために、まさか決裂したはずの志村に応援を養成することに。

このまま終わるとは思いませんでしたが、ストーリーが本当にいいですよね。

 

この状況とはいえ、あの誉れ将軍・志村と面と向かって話すことなんかできませんので、志村城に忍び込んで、手紙を残す作戦

 

f:id:coublood:20210829180313j:plain

f:id:coublood:20210829180317j:plain

f:id:coublood:20210829180321j:plain

f:id:coublood:20210829180326j:plain

f:id:coublood:20210829180330j:plain

f:id:coublood:20210829180334j:plain

f:id:coublood:20210829180338j:plain

f:id:coublood:20210829180342j:plain

f:id:coublood:20210829180345j:plain

f:id:coublood:20210829180349j:plain

f:id:coublood:20210829180353j:plain

f:id:coublood:20210829180358j:plain

f:id:coublood:20210829180403j:plain

f:id:coublood:20210829180406j:plain

f:id:coublood:20210829180410j:plain

f:id:coublood:20210829180415j:plain

f:id:coublood:20210829180419j:plain

f:id:coublood:20210829180423j:plain

f:id:coublood:20210829180427j:plain

f:id:coublood:20210829180431j:plain

f:id:coublood:20210829180434j:plain

f:id:coublood:20210829180437j:plain

 

志村城に乗り込む時には、兵士を一人も殺せないどころか、見つかってもダメなので、大変です。

なお、当然のごとく、志村を暗殺してもダメ(笑)

正直隙だらけで、狙い放題なんですけどね。

蒙古に忍者のような兵がいたら、簡単に暗殺されそうなんですが。

監視がザルすぎますよね…。

 

そして、志村の机に文を置いたら脱出。

クリア時の馬で駆けて行くシーンがすごくかっこいいですね。

 

これで役者も揃