Cou氏の徒然日記

ほのぼの日記ブログです。

【It Is Ticking】Chapter.10 The Laboratory その3

■ IT IS TICKING

 

今回は、Chapter.10 の Stage.5とStage.6です。

 

★これまでの登場したコンポーネント

(1) Bomb Default Contoller

タイマーが 0 になるか、「DET」ポートが作動すると、爆弾の信管に点火する。

[爆弾を解除する方法]

  • 電源を切る (赤いポートへの通電を抑止する)
  • すべての解除ポートへの通電をする (すべての緑色ポートへ通電させる)
  • 【警告】「DET」ポート(黄色ポート)への通電はしないこと

 

(2) Manual Switch

スイッチをクリックして出力を制御する。

  • ON : 電力が通過する
  • OFF:電力の流れをブロックする

 

(3) Baterry

回路に対して電気を定常的に供給する

 

(4) Normal Wire

2本の埋め込みワイヤーを接続し、電気を流す。

デフォルトでは2本の埋め込みワイヤーを接続している。

一度切断すると、2本の埋め込みワイヤー間の電気の流れを止めることができ、再接続はできない。

 

(5) Manual Button

このボタンをクリックして押し続けることで、電気の流れを維持することができる。

押されていない状態では、電気が通らないように遮断される。

 

(6) AND Gate

ANDロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、入力側の2つのポート両方に入力が必要。
  • どちらかのポートの入力がない場合、電力は通過しない。

 

(7) OR Gate

ORロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、入力側の2つのポートのうち少なくとも片方に入力が必要。
  • 両方のポートの入力がない場合、電力は通過しない

 

(8) XOR Gate

XORロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、入力側の1つのポートだけに入力が必要。
  • 両方のポートからの入力がない場合、または入力がある場合、電力は通過しない。

 

(9) FlipFlop Gate

Flipflopロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、POWERポートかつONポートに通電させる必要がある。
  • POWERポートに通電がない場合、またはPOWERポートに通園があってもOFFポート側に通電がある場合、電力は通過しない。

 

(10) One In Two Out Switch

入力に対し、2つの出力のうち、どちらの出力にパススルーするかを切り替えられる。

  • 上:入力がある場合、上側のポートに出力
  • 下:入力がある場合、下側のポートに出力

 

(11) Capacitor 

エネルギーを蓄積し、蓄積したエネルギーを放出しきるまで出力を供給する。

  • 入力ありの場合は、蓄積+出力を行う。
  • 入力がなくなった場合、出力のみ。(蓄積エネルギーが残っている場合)

 

(12) Timer

タイマーが「0」になることで、パススルー状態になる。

(タイマーが「0」になるまでは、遮断されてしまう)

入力ポートに通電することで、タイマーのカウントが進む。

 

(13) Two In One Out Switch

2つの入力ポートのうちどちらの入力を選択するかを切り替えられる

  • 上:上側の入力を通過させる
  • 下:下側の入力を通過させる

 

(14) Slider

スライダーの両サイドのコンポーネントを接続する。

スライダーのある位置のみ、コンポーネント間をパススルー状態になる。

(スライダーのない位置は、通電を遮断する)

 

(15) Clicker

Clickerは、0.4秒間のうち0.2秒間だけ通電する。

  • 白色Clickerは、通電した瞬間に
  • 黄色Clickerは、通園して0.4秒後に

ON/OFFが継続的に切り替わります。

(つまり、白色Clickerと黄色Clickerは同時には通電されない

 

(16) Special Controller

画面上のすべてのタイマーを停止させることで、爆弾の解除になる。

 

(17) Intersect Gate

見た目通り、矢印のように入力と出力の位置が交差します。

「上の入力は下の出力」に、「下の入力は上の出力」になるだけです。

 

(18) Persistent Battery

初期は電力を出力しません。

ただし、2つの入力に電力が供給される(※同時でなくてもOK)ことで、永久バッテリーとなります。

そのため、一度出力する状態なると、以後はずっと電力を供給するようになります。

 

(19) Switch Logic Gate

Flip Flop Gateに似たコンポーネントです。

上の入力がPowerポートになっています。

下は入力のON/OFFが切り替わる度に、出力のON/OFFのスイッチが切り替わります

そして、Powerポートへ入力かつ出力ONの状態に、Switch Logic Gateの出力がONになります。

なので、下の入力のON/OFFが切り替えているだけでは、どんなに頑張っても出力がONになることはないです。

 

◆ Stage.5

まずは回路の確認。

赤いポートへの通電遮断はできないので、2つの緑ポートへの通電が必要になります。

黄色ポートへの通電経路は5つ。

  1. 6段スライダーの1段目〜中部縦ワイヤーを通ってのOR Gateから
  2. 6段スライダーの1段目〜下部縦ワイヤーの先から
  3. 6段スライダーの2段目のOR Gateから
  4. 6段スライダーの4段目のOR Gateから
  5. 6段スライダーの5段目から

黄色ポートへの通電経路は豊富すぎて、しかも簡単なものばかりです。

まずこれらのうち、「1.」と「2.」はワイヤー経由であるため、ワイヤーを切断すればOK。

残り3つは防ぎようがないので、通電しないように気をつけるしかありません。

緑ポートへの通電ですが、

上側の緑ポートへは、6段スライダーの3段目から通電可能なので、簡単ですが、問題は下側の緑ポート。

緑ポートへの通電は、Persistent Batteryを使用する必要があり、これらの2つの口に次通電して充電する必要があります。

これらに充電するためには、

  • 6段スライダーの1段目
  • 6段スライダーの6段目

からそれぞれ通電する必要があります。

 

あとはスライダーへの通電のタイミングですが、これは、Switch Logic Gateが3重かつその入力が、黄色Clickerになっており、かなり複雑。

そのため、通電は一定時間連続で、断電時間も一定時間連続というタイミングになります。

そのため、スライダーの移動自体はかなり余裕があるので、断電し始めてからのんびり動かしても間に合います。

その点は、今までのステージより簡単です。

  1. ワイヤーを切断
  2. 1in2outスイッチを切り替え
  3. 6段スライダーの1段目にセット
  4. 6段スライダーの6段目にセット
  5. 6段スライダーの3段目にセット

これで簡単にクリアできます。

 

◆ Stage.6

ここから、NAND Gateが登場。

(20) NAND Gate

NANDはANDの逆。

つまり、両方の入力がONの場合は、出力がOFFになってしまいます。

それ以外の場合は、出力がONになりますので、初期で両方の入力がOFFの場合でも、出力が出てしまいます。(Batteryと同じ状態)

そこだけ注意が必要ですが、理解は難しくないです。

 

回路を見ると、やはり赤ポートへの通電遮断は不可能。

そのため、3つの緑ポート全てへの通電が必要になります。

回路の構成としては、ON/OFFスイッチが5つと、1in2outスイッチが4つ。そしてワイヤーが大量なので、どのワイヤーを切って、どのスイッチをどう切り替えるかをじっくり考えるしかありません。

 

まず右下のバッテリーからの経路を確認すると、途中にワイヤーが2本横へ伸びています。

これらはどちらも、黄色ポートへ直電する経路になりますので、この2本のワイヤーはまず切断しないといけないです。

まずこの2本を切断すれば、右下のON/OFFスイッチをONにしても大丈夫。

次に、4つあるON/OFFスイッチですが、下2つは、黄色ポートへの直電経路へ電流を流してしまうので、ONにしてはいけません。

この時点で、ON/OFFスイッチについてはやれることがかなり絞られますね。

 

次に1番上のON/OFFスイッチをONにすると、その右から下に伸びるワイヤーはこれも黄色ポートに行ってしまうため、このワイヤーも切断が必要になることがわかります。

 

この状態で試しに1番上のON/OFFスイッチをONにしてみると、3番目の緑ポートへの通電はできてしまいます。

残りの緑ポートは、それぞれ手前のAND Gateのもう片方の入力をONにしないといけません。

 

次に経路を眺めていると、上から3番目の1in2outスイッチが目に入ります。

これを上向きに切り変えれば、1番上の緑ポートのAND Gateに通電できそうです。

ただ、回路の下部にも電力を供給されてしまいます。

そのため、その先を見ていくと、XOR Gateが最後にあり、これを抜けてしまうと、黄色ポートに行ってしまいます。

ただ、さらにこの回路をたどっていくと、一番下の1in2outスイッチをあらかじめ上向きに切り替えておけば、XOR Gateの両方の入力に通電されそうです。

そのため、一番下の1in2outスイッチを上向きに切り替え→3番目の1in2outスイッチを上向きに切り替えることで、1番上の緑ポートに通電されます。

 

残りは、2つ目の緑ポート。

このAND Gateに通電させるためには、その手前のNAND Gateの出力をONにすればよさそう。

ただし、現在はNAND Gateの両方の入力がONになってしまっているので、これのどちらかを遮断する必要があります。

ただ、下側の入力は遮断できない(遮断するためには3番目の1in2outスイッチを下向きに戻す必要があり、もとに戻ってしまう)ため、上側の入力を遮断する必要があります。

ただ、これは実は簡単で、上側の入力のもとになっているのは、一番上のOR Gateの手前から伸びるワイヤーから入る電流のため、2本あるワイヤーのどちらかを切断してしまえばOK。

これで、3つの緑ポート全てに通電がされ、解除成功になります。

 

こういうワイヤーやスイッチの多い回路は一見複雑に見えますが、回路を読み解ければさほど難しくないですね。

 

ちなみに、切り替え方によっては、回路が点滅状態になり、緑ポートには通電しているように見えるのに、通電できないという状態が発生。

おそらく、経路がループしたり逆流して電流が衝突して…ということが起きているんでしょうね。