Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

回想 '07

何だかんだで早くも十二月。
一年を振り返ってみると、
今年はあまり何もできなかったなぁ…というのが正直な感想で。
…というか、楽しかった分を相殺して差し引いても、酷さでいえば人生で1位2位を争うような一年でしたね。


一月~三月は、研修員論文の作成、提出、発表資料作成、準備、そして発表
同時に業務もかなりのピークで、大忙し。
でも、この頃は、終わったら、「やり遂げた!」という達成感がありましたが。


四月は比較的まったり。
残業も二桁に乗るどころか、ほぼゼロでしたし。
今思えば、天国なのはこの頃だけでしたね。
ただ、下旬には異動命令が出て、かなりてんやわんやでしたが。


そしてGW明けからは、新人研修の時以来の寮入り
ここから徐々にヤバくなってきました…。
でも、同期と色々と出かけたりと、かなり楽しみも。
それでも何となく今の状況になりそうな雰囲気が見え隠れはしていたような。
残業が当たり前とかふざけすぎで。


そして六月~七月はOracle Silverの資格取得に向けて、研修試験(二回)。
研修自体は楽しかったですし、久々に資格取得に燃えたなぁと。

また、七月は業務の最初のピークでしたね。
事故対応で、徹夜で作業をしないといけなくなったり。
何気に一番ダメージが大きかった月かも。


夏休みは束の間の休息でしたが、予定を後半に集めすぎて、
かえって日頃の業務よりも忙しい過密スケジュールになったりと(笑)

そして九月、十月は残業の嵐に。
三連休がいっぱいあったはずなのに、一つしか残らずですよ。
他はすべて休出でおじゃん。
そして、いまいち意味があるとは思えない長残面談の常習者に。
まぁ気分転換にはなりましたが。
それにしても、まだこの頃は、
寝れば体力が回復していたので、何とか持ちましたが…。
でも、もうこの頃から何かおかしくなり始めていた感じも。


そして、悪夢の十一月…。
ここ数年の疲労が一気に出た感じかなぁ。
寝ても寝ても、疲れがどんどん吹き出してくる。
朝、目が覚めていても、起き上がれなくなったりしましたし。
一応、救急車等は呼ぶことなく持ち直して、事なきを得ましたが…。
また、取り纏めの人がついに限界を迎えて、出向先から退場。
ただでさえ悪かった情勢が更に悪化。
テストも思うように進まず、崩壊気味で。
更に、残業が多過ぎて、組合と部長と課長と上司と同期と友達と産業医と全員からフォローが…。
よくこれだけバッドエンドフラグが立ったもんですな。
その状態に加えて、内科に行ったら睡眠障害の傾向が強くみられますとか…。


さて、今年もあと一か月…、
今年も果たして無事に生きて抜けられるやら。