Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

京都へ・・・[2]

 
時間が早かったことも合ってか、土山SA以降は渋滞に巻き込まれず、
そのまま順調にお墓があるお寺に到着。そして、墓地へ。
 

祖母は約10年前、祖父は約25年前に、共に病気で亡くなりましたが、
よほどのことがない限りは、毎年、春と秋の2回、ここへ来続けています。
 

初めて訪れた時からほとんど変わっていない景色…
 

本当、静かで、あの頃から、ずっと時が止まっているような感覚をいつも受けます。
 
 
ここへ来る度に、遠い昔の出来事を色々と想い出し、涙が出ることも。
戻れるなら、あの頃に戻って、もう一度お礼を言いたいですが、それもまた叶わないこと…。
 

生まれてから数年で京都を離れてしまったんですが、
未だに京都に来ると、懐かしさを覚え、心が安らぐのは、
やはり生まれ故郷ということを、心のどこかで覚えているからなのかもしれませんね。
 
 

自分にとってこの地は、いつまで経っても思い出深い場所なのでしょう。