Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

衆議院解散

衆院が解散、12月16日総選挙 政権交代から3年で審判
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121116/plc12111615520011-n1.htm


 
正直なところ、最近の政治ははっきり言って足の引っ張り合いばかり。
ニュースで見ていても、何も決まらず、
ただただ誰かが誰かを批判しているという話しか出てきていないような気がします。
 
まあ、何はともあれ、次の選挙で日本の近未来の命運が決まるといっても過言ではない気がしますね。
自民党が政権を握っていた頃(特にここ十年くらい)も必ずしも良かったとは思っていませんが、
少なくとも民主党が政権を握ってからは、政治が空回りしているのは明らかですし…。
大臣が決まったら失言の嵐や不祥事発覚で交代…の繰り返し…。
何をもって適任だと判断したのかと追及されても仕方がないと思います…。



■政党数は過去最多15 「師走選挙」意外に多く5回目
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121117/elc12111700290001-n1.htm
 
総選挙は12月16日ですが、今度は政党が乱立しすぎて過去最多の『15』。
正直多すぎる気がしますが、それだけ選択肢は多いということなんでしょうか。
ただし、それぞれが何を主張しているのかもはっきりと理解しておかないといけないですし、
そもそも、約束を守ってくれるのか?というところも見極めないといけないです。
来月の総選挙、終わった時にはどこが国民の信を得ているのでしょうか…。