Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

逆転裁判3 DS

イメージ 1

ネタバレありです。


逆転裁判と同じく、GBAと内容は変わらない(らしい)です。
やっと逆転裁判2をクリアーして、逆転裁判を始めましたが…。

逆転裁判3のベースは霊媒師の本家の地位を狙う綾里家内のゴタゴタについてで、第1話、第4話は、千尋が新人の時のお話。
千尋のボケボケの弁護もかなり面白いですね。
まあ、被告の成歩道もそれを越して爆笑ですが。

しかし、一度全部やっていると、裏の事情もわかってて、特に1話とかは、何故になるほどくんがあれほど真犯人をかばうのかも判りますからねぇ。
知らないと、ただのバカか?と思ってしまうかもしれないですが。

あと、それらとは独立した(微妙に独立してないかもしれないですが…)第2話、第3話もかなり好きですねー。
ズヴァリの人とか、偽者の人とか。
うらみちゃんとか…(怖)


それにしても、最終話は、霊媒ができる人が複数人いるため、本当にややこしい。
誰がどのタイミングで誰を霊媒しているとかが非常に重要。
初めてやったときは、ストーリーが複雑すぎで。
ただ、キャラはメインどころが大集合で、逆転裁判の集大成といった感じで。
御剣が探偵として歩き回るのは面白いですね。かなり貴重で。
しかも、冥と御剣の戦いも普通は起こりえないですからねぇ。
逆転裁判シリーズの(元)最終話ということで、本当に豪華でした。


個人的に、新シリーズの逆転裁判では、これらのキャラが全く出ていないのはちょっと残念かな。
あと、3までに比べると、ちょっと最後の結末が…。