Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

2010年W杯 準々決勝 アルゼンチンvsドイツ

イメージ 1
 
準々決勝、もう一つの注目の試合、アルゼンチンvsドイツ
どちらも調子がいいだけに激しい消耗戦になりそうな予感がしてましたが…

開始3分、相手ゴール前からのFKで、ドイツがいきなり1点先取
その後も、ドイツのほうが押している感じが強かったです。
逆にアルゼンチンは、メッシのシュートの精度がイマイチな感じが…。

後半になってアルゼンチンも攻め始めたんですが、
それ以上にドイツのカウンターとセットプレーが凄すぎましたね。
シュバインシュタイガー、クローゼ、ポドルスキーミュラーエジル
このあたりの布陣がすごいですね。
DFも、ラームを中心にプレスがすごく、ラインもうまく操作していて、
アルゼンチンが突破したと思ったら、ほぼオフサイド…。
メッシもボールを持ちすぎて、その上メッシを封じていたため、決定的なチャンスはほとんどなく。

そして、最後の最後まで鬼カウンターがありましたし…。
まさかの 4-0 という大差がつきました。

1回戦で、誤審があったとはいえ、イングランドに圧勝したのはやっぱり実力ですね。

南米がベスト4を独占…があるかもと思っていましたが、
ブラジル、アルゼンチンが敗れ、ヨーロッパ勢が圧倒し始めましたね。