Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

AoEII: チームボーナス考察 分類編

AoEIIといえば、やはりチーム戦が楽しいです。
なので、いつもCOM相手にチーム戦を繰り広げているわけですが、
実際には自分の好きな国、得意な国をただ選択しているような状態です。
もちろん、ある程度はチームボーナスも考慮したりはしていますが…。
 
そこで今回は「チームボーナス」について、ちょっと考えてみました。
どことどこが相性がよさそうなのかなど、ただの整理に過ぎませんが。
 
まず、チームボーナスを並べて、ざっくり分類を分けてみると…
 
    • 中国 :畑の生産量+45
    • 日本 :ガレー船の視界+50%
    • ケルト :包囲攻撃訓練所の作業速度+20%
    • ゴート :戦士育成所の作業速度+20%
    • サラセン :歩兵射手の建物対する攻撃力+2
    • チュートン :ユニットの転向に対する抵抗力が高い
    • トルコ :火薬を使うユニットの作成速度+20%
    • バイキング :港のコスト-15%
    • ビザンティン :聖職者の治療速度+50%
    • フランク :騎士の視界+2
    • ブリトン :射手育成所の作業速度+20%
    • ペルシア :射手に対する騎士の攻撃力+2
    • モンゴル :斥候,騎兵,ハサーの視界+2
    • マヤ :壁の建造コスト-50%
    • アステカ :聖なる箱が生み出す金+33%
    • スペイン :交易ユニットが生み出す金+25%
    • フン :騎兵育成所の作業速度+20%
    • 朝鮮 :投石機の最小射程距離が1に減少
    • イタリア :帝王の時代に戦士育成所でコンドッティエーレが作成可能になる
    • インド :らくだ騎兵の建物への攻撃力+6 (らくだ弓騎兵とマムルークは+5)
    • スラヴ :軍事施設を建造すると家と同じく5人サポート
    • マジャール :歩兵射手の視界+2
    • インカ :畑の建造速度2倍
    • エチオピア :塔と前哨の視界+3
    • ベルベル :射手育成所でジェニトゥールを作成可能
    • ポルトガル :暗黒の時代から味方との視界を共有
    • マリ :学問所の作業速度+80%
    • クメール :スコーピオンの射程+1
    • ビルマ :マップの聖なる箱が表示される
    • ベトナム :近衛散兵にアップグレード可能になる(トルコは対象外)
    • マレー :港の視界+100%
[色の分類]
赤:内政
青:軍事面(海)
紫:軍事面(歩兵)
橙:軍事面(射手)
茶:軍事面(歩兵+射手)
緑:軍事面(騎兵)
桃:軍事面(包囲兵器)
黒:その他
うん、派手になりました(笑)
目がチカチカしますね。
 
これを分類ごとに考察していこうと思います。