Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

世界陸上 (8.12)

今日も夜中は世界陸上を見てます。
最近は、世界陸上が終わったら寝てるし。
見ながらソフ開の勉強もしているのでややはかどってたりする。

それにしても今日は見所が多い。
(ちなみに以下は敬称略)


まずは女子200m決勝
フェリックスキャンベルの一騎打ちかと思われたが、
キャンベルは4位に・・・。
フェリックスが金メダル。
キャンベルが王者の力を発揮するかと思ってただけに、ちょっと意外。

続いて、男子100m×4 リレー予選
ここで今日一番の波乱が。
大本命のアメリカがまさかのバトンミス!
いきなり失格に。
モーリス・グリーンもアンカーでスタンバイしてたのに、結局バトンが渡らず。
ちょっと残念。
日本は2組に登場して、3位に入り決勝進出が決定。
今回こそメダルを取ってほしい。

その後は、男子800m準決勝
1組目に、注目のボルザコフスキーラムジが登場。
予想通り、ワンツーフィニッシュで決勝進出決定。
2組目には、世界ランキング1位のムラウジが登場。
しかし・・・ここでも波乱が。
仕掛けるのが遅かったのか、最後の直線で追いつけず3位でフィニッシュ。
しかも1組目に比べてペースが遅かったことが災いして、
タイムでも拾われず敗退が決定・・・。
うーん、残念だ。
3組目には、ブンゲイが登場。
こちらは予想通り余裕の決勝進出を決める。
ますます決勝が楽しみになってきました。

あとは男子110mハードル決勝
こちらも予想通り白熱した戦いになりました。
A.ジョンソン劉翔ドゥクレの3人の争いに。
勝ったのはドゥクレだけど、3位のA.ジョンソンとの差はわずか0.03秒。
すごすぎです・・・。

一番すごいと思ったのは、女子棒高跳び決勝
一人だけ実力が飛び抜けているイシンバエワが余裕の金メダル。
結局、1回も失敗せずに勝っちゃったし。
その後は世界記録(5m01cm)に挑戦。
1回目は失敗してたけど、2回目で余裕の成功。
かなり余裕があったから、まだまだ狙えそう。
それにしても、世界記録更新18回はすごいなぁ。