Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

blenderで遊ぼう その4 -コリジョン判定-

 

coublood.hatenablog.com

 

前回、無事にリジッドボディを設定したことで、ボールが床に落ちて転がるというところまでいきましたが、気になるのは「当たり判定」

わからなかったので、とりあえず当たり判定を「メッシュ」の形になるようにメッシュにしましたが…これはこれで正解だったようです。

ただ、複雑な形になると、かなり当たり判定の計算が大変なようなので、それを簡略化するための選択肢もあるようです。

 

シェイプを選択した時に色々とありましたが、これでコリジョン(衝突)の判定を選べたようです。

f:id:coublood:20210503153551p:plain

メッシュにするとメッシュの形になるようですね。ただその分、処理の計算が大変で重くなるようです。

 

試しに「円柱」にしてみると・・・

f:id:coublood:20210503155107p:plain

f:id:coublood:20210503153819p:plain

オブジェクトの周りに円柱が。

これが当たり判定のベースになるようですね。

ということは・・・

 

想像通り、円柱が落ちたような判定に。

オブジェクトの底が平らなため、当然ボールも倒れないですね。

試しに「球」にしてみると…

f:id:coublood:20210503155023p:plain

ラグビーボールが床にめり込みました(笑)

おそらく、オブジェクトの判定が短い方に合わせられて球状に判定されたことで、縦の判定がメッシュの内側にあり、その位置で衝突判定が行われてしまったんでしょうね。

 

これくらい単純なものであれば、メッシュとかでよさそうです。