Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

ミミックロジック 上級ダンジョン突入

ミミックロジック

 

引き続きミミックロジックです。

 

あの後、引き続きやっていて、中級ダンジョンまでクリア

中級は40階層で、ミミックの数も固定なので、ヒントも多く、何とか行けました。

(数回ミミックを開けてしまいゲームオーバーになったのは内緒(笑))

 

f:id:coublood:20210805121011p:plain


ということで上級に突入。

上級に入ってみて、「うわっ!!」と思ったのが…

f:id:coublood:20210805121500p:plain

  • ミミックの数が固定じゃない…
  • アイテムの内訳も不明...

後者は宝箱が出すヒント次第な部分もありますが、ミミックの数が固定じゃないのがかなり厳しいですね。

 

例えばこんな問題。

■ 問題1

f:id:coublood:20210805121346p:plain

解法としては…

  1. 自明なものがないかを探す
  2. 同じこと(互いに矛盾していること)を言っているものがないかを探す
  3. 仮定しやすそうなものを探す

といった感じでしょうか。

 

この場合だと、まず「1. 自明なもの」として、左上と右下宝箱の発言。

「赤い宝箱にミミックは0匹いる」は、そもそも赤い宝箱がないので自明。

なので、コイツは正しい(ミミックではない)事がわかります。

 

つづいて「2. 同じことをいっているものを探す」で、中段3つと左下・中下の合計5つが言っている「青い宝箱にミミックは0匹いる」という発言。

こういうのは背理法で考えるのが楽ですね。

 

仮にこれが嘘だと仮定すると、この5つが全てミミックであるになります。

これは、最初の「ミミック 1〜4」の前提条件に矛盾します。

なので、仮定が間違っているので、「青い宝箱にミミックは0匹いる」という5つの宝箱は全て本物(ミミックではない)ということになります。

 

ということで、その条件から右上の青い宝箱も本物ということになり、「黒い宝箱にミミックは1匹いる」という発言も正になります。

 

なので、

ミミックは「中央上の黒い宝箱」の1体のみ

となります。

f:id:coublood:20210805121705p:plain

 

■ 問題2

続いてもう1問。

f:id:coublood:20210805123057p:plain

 

今回、自明な発言はないので、「2.」からスタート。

反している発言としては以下の2つ。

  • 「一番左の列にミミックが(いる or いない)」 1vs1
  • 「この中にミミックは(1匹  or 2匹)いる」 1vs2

この時点で下側はまず片方は除外できます。

仮に「この中にミミックが1匹いる」という方を正しいと仮定すると、「この中にミミックが2匹いる」という2つが矛盾してしまうので、「この中にミミックが1匹いる」という宝箱は確実にミミックということになります。

じゃあ「この中にミミックが2匹いる」という2つは正しいね…とはならないです。矛盾しているだからというって、完全に排反ではない条件なので、注意が必要です。

 

なので、「3. 仮定しやすそうなものを探す」に入ることになります。

「この中にミミックが2匹いる」がミミックであると仮定すると…この2匹がミミックになります。

そうすると、中央下が矛盾。そのためミミック

また、左下がミミックであることから、左上も矛盾なので、ミミック

そうすると、ミミックがこの時点で5体になり、ミミックの数の条件「1〜4」に矛盾します。

そのため、「この中にミミックが2匹いる」という条件は正しいということになります。

 

この2つが決まると、ミミックは2匹であり、それらの位置は「左上」「左下」で確定します。

f:id:coublood:20210805123641p:plain

 

脳内でやると結構頭を使いますが、こういうのは好きなので楽しいですね。