Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

Java8のラムダ式

Java 8はラムダ式でここまで変わる 
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1402/18/news010.html
 
以前、プログラム言語の話で、Javaの勉強でもしようかなと思っているんですが、気が付けば、Javaももう「JDK8」がリリースされています。
 
自分の中では、JDK 5.0くらいが一番よく使っていた頃でしょうか。
なので、いかにJavaから離れていたかがよくわかると思います。
そんなわけで、Java6,  Java7すらもほぼ知識がない状態で、新機能と言われてもおそらくピンと来ないですね。
 
ただ、記事を読んでいて一番衝撃なのが、Java8のラムダ式でしょうね。
…はっきり言って、全然わからないです。
 
ラムダ式の使用例のコードなどを見れば、確かにコードが短くなっているように見えますが、昔のコードしか知識がない自分にとっては、はっきり言って読めないですね…。
もちろん勉強すればいいだけと言えばその通りですが、コードが短くなると、何を表しているかを理解するのが、コードから読み取れなくなりそうなのが怖いです。
 
新機能としては画期的なのかもしれませんが、やはり使い勝手の良さがいまいち理解できていないので、難しいところですね…。
とりあえず、Javaを使わないといけなくなった時には、真っ先に勉強した方がいいような内容かもしれませんが…。