Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

BLOOD THE LAST VAMPIRE


イメージ 2

イメージ 3


大学生の頃、やるドラがブームになった時があって、私の中でその火付け役になったゲームですねー。
原作も好きで、映画とかも借りて見たりと。


ゲームのほうですが、かなりレベルが高いですね。

BLOODサーチシステム(以下、B.S.S)を使わってストーリーの分岐を発生させていかないと絶対にクリアーできないのですが、どのシーンのどのタイミングで発生するかとかは、ある程度予想していかないとダメなので・・・。
分岐発生の合図が出るときもあるのですが、大半は合図なんて出ないですからね。

それに、B.S.Sで分岐させる点もかなり多く、それがストーリーにかなり影響を及ぼしてくるので、それだけ結末も多く、BAD ENDの数も相当のもの。
全部探そうと思ったら大変大変…。

メインヒロイン?は、灯子瑠璃亜の二人がいるんですが、灯子のほうは怖いというイメージが強いですねー。
実際、初めてやって、最初にたどり着いたエンディングが、町を歩いていて灯子に血を吸われて死亡という内容でしたからねぇ。
あれでちょっとトラウマ気味に(笑)

そんなわけで、私は瑠璃亜のほうがストーリー的に好きですね。

イメージ 1

後編も、瑠璃亜編だけはストーリーが他の編とは一線を画した内容になってますし。
しかし、フラグは一番大変でややこしいですが…。
足りないと瑠璃亜が死んでしまって、真・瑠璃亜編のエンディングには行けなくて、ただの瑠璃亜編のエンディングになってしまいますからねぇ。
一番辿り着くのに苦労した覚えが・・・・。

自力ではかなりキツイゲームですよ。