Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

新入社員の1割が…

■新入社員の1割が、「会社を辞めたい」
http://money.jp.msn.com/newsarticle.aspx?ac=IT20110520054&cc=07&nt=00



自分の会社は、4月に入社して、6月まで研修を受けて、6月下旬くらいから配属…という流れなので、
自分の部署にももうすぐ研修を終えた新人が入ってくることになるんですが、
自分が新人の時と今の新人では心理的にもかなり違うんでしょうか。

自分の場合も、確かに5月くらいは生活リズムに慣れてきて、ちょっと精神的にたるんできた時期でしたが、
配属面談などもあって、早く現場で働きたいなぁ~と思っていた時期でもありましたね。
まあ、まだ現場に行っていないからこそ、辞めたいという意識は当然なかったですが。

最初の部署に配属された時も、いきなりちょっと大きめのプロジェクトに入ることになって、
いきなり発注先の会社に行って、機能設計書の説明を受けたり、
計画を立ててプログラミングを実際に行ったり、
初めて使うアプリケーションの使い方を調べてプロジェクト内に展開したりと、
最初の1カ月はあっという間。何も考えることなく走り続けた感じでした。
正直、充実していた部分が大きかったのかもしれません。

そういう意味で言うと、仕事にも恵まれていたのかもしれませんし、配属先も自分に合った所を割り当ててくれた会社側にも感謝しないといけないのかもしれませんね。

まあ、その後は…紆余曲折がありましたが…(笑)

確かに研修を受けただけでも合う合わないということも分かる部分はありますし、合わないままズルズルと続けていっても、当然会社側も本人にとってもよくないのは間違いないので、100%何とかできるということはありえないですが、何はともあれ、新人が来た時に、自分たちが原因で辞めたいと思ってしまうような状況にはしたくないですし、そういうところにはより一層力を入れていかないといけないのかもしれませんね。