Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

AoE II : 検証編その1 食料採取効率検証【後編】

前回の続きです。
(4) 果実
 
イメージ 1

果実は、町の中心の近くにあり、ただで食料を得ることができるので、暗黒の時代は必須と言ってはいいのではないでしょうか。
しかも、動物系の食料と異なり、腐って採取量が減ることもありません
つまり、いつ何人で取ろうが、トータル量は変わらないわけです。
 
問題の採取速度ですが…
 
 
イメージ 2


粉ひき所から1マス離れた位置だと仮定すると、大体以下でした。
 
・10食料を集めるのに大体33秒(ゲーム内時間) ※往復時間含む

果実1マスからは125だけ採取できますが、何人で取るのがいいか…というのはあんまりなさそうですね。
むしろ、大人数すぎると詰まってしまいますし。
なので、そのマスがはけると効率がよくなりそうなところ(行き来の距離が短くなることろ)から早めに取り終わるようにするくらいでしょうか。
 
(5) 小魚
 
イメージ 3

今回の検証の原因となったのがこの小魚
果たして早いのか?というところが気になって始まったわけですが…。
[測定条件] 
   沿岸に粉ひき所を建てて採取速度を測定。
 
イメージ 4
こちらも果実と同じく、腐るわけではないので、1マス200食料を確実にゲットできます。
問題の採取速度ですが…
 
・10食料を集めるのに大体26秒(ゲーム内時間) ※往復時間含む
 
思っていたよりも全然早かったです。
これは粉ひき所が小魚のマスの近くに建てることがあれば、ありといえばありなんじゃないでしょうか。
ただ、わざわざ取りに行ったりする必要性があるかと言われると、う~ん…となってしまいますが。
 
 

結論から考えると、条件付きで魚を捕るのはアリ。
ただ、粉ひき所をわざわざ沿岸に建ててまで取りに行くほどのメリットはないです。
鹿がたまたま沿岸部にいて、しかも粉ひき所の近くに小魚のブロックがあれば・・・
くらいでしょうか。
 
まあ、やはり安定は、猪・鹿狩りですかね。
効率は間違いなくいいです。