Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

ライコネン、逆転で王者に!

F1、2007年シリーズもいよいよ最終戦
今年は、最後まで誰が王者になるかわからないような接戦が続いて非常に面白かったです。
終戦ブラジルGPが始まる前までは、

R16までのドライバーズポイント

1位ハミルトン108P
2位アロンソ103P
3位ライコネン100P

と大接戦。
ライコネンが王者になるためには、
(1) ライコネンが優勝
(2) ハミルトンが7位以下
(3) アロンソが3位以下
と非常に条件が厳しかったんですが、何とこの通りに…。
すごい展開でした!

ハミルトンはトラブルで大きく順位を落としましたが、
すごかったのは、ライコネンとマッサのトップ争い。
ピットの戦いも激しかったです。
同じチームですからねぇ。

ブラジルGPは何だかんだで終わってみれば、フェラーリのワンツーフィニッシュでしたが、
そのおかげでこのドラマが!
非常に面白かったですね。

また来年が楽しみになってきました。





2007年総合成績


1位ライコネン110P
2位ハミルトン109P
3位アロンソ109P