Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

名古屋市バスの惨状

■現場に伝わらぬ危機感 名古屋市バスのミス相次ぐ
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20140622/CK2014062202000046.html
 
今日、買い物で車を運転しているときに見かけましたが、
相変わらずバスの運転がかなりひどい…。
ちょうど目撃した時のイメージはこんな(↓)感じ。
 
イメージ 1
 
そもそも、バス停が交差点を曲がって、結構すぐの位置にあるのに、
バスは何故か中央の車線に…。
もうこの時点で嫌な予感はしますが、そのあとは予想通り。
バス停で待っている人を見つけたのか、ど真ん中にもかかわらず停車
 
正直、バスの後ろを走っていなかったのでよかったですが、かなり危ないです。
下手をしたら、後ろが走っている車がバスに突っ込んだり、バスを避けようとして
隣の車線の車に激突したり…。
まあ、名古屋のバスはなぜか運転がメチャメチャなことが多いので、
自分もこういうことを見かけるのは初めてではないんですが、
さすがにあり得ませんよね…。
 
自分も運転して、横を通過していったので最後までは見ていなかったんですが、
お客はバスにどのように乗ったんでしょうか…?
この位置なら、手前の車線を横切って乗らないといけないはずですし。
 
お客を乗せていて、安全第一で運転しないといけないのに、
そんな思いが微塵も感じられない酷い運転。
もちろん、運転手の人も全員が全員そんなわけではなく、そういう人には申し訳ないですが、明らかに見かける数が多いです。
 
以前ニュースとかでも見かけましたが、名古屋市のバスだけ何故こんなに他の地域に比べて酷いんでしょうかね。
まあ、それだけ管理者がダメダメで教育がずさんということなんでしょうけども。
これだと、利用する人が悲惨としか言いようがありません。
 
また、タクシーも、もうかなり前になりますが、
事故で首をやられたこともありますし…。
未だに、運転している時も、タクシーの無茶苦茶な割り込みは健在ですし…。
正直怖いですね。
 
今まで運転してきて、教訓として学んでいるのは、
 
『名古屋ではタクシーとバスのすぐ後ろや隣を走らない方がいい』
 
ということです。