Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

寒暖差アレルギー?

先週くらいから一気に寒くなりました。

部屋の中は暖房でぬくぬくですが、外に出るとものすごく寒いです。

ここ数年、秋から冬になると、鼻詰まりが止まらなくなることも。

f:id:coublood:20201218003523p:plain

花粉症かなと思って耳鼻科に行ったこともありますが、さほど酷いアレルギーのものもなかったので、原因がよくわからない状態でしたが・・・

この前、実家に電話したときに言われたのが「寒暖差アレルギー」。

言葉は聞いたことありますが、どんなものか知りませんでした。

まあ、言葉から温度差が激しすぎることで、アレルギー反応のような症状が出る・・・というものでしょうか。

 

ja.wikipedia.org

 

Wikiだけだとイマイチわかりにくかったので、

実際、どんな症状か調べてみると・・・

kenko.sawai.co.jp

寒暖差アレルギーの原因はまだ明らかにされていませんが、一因として自律神経のバランスが関係していると考えられています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、臓器や血管に対して正反対の影響を及ぼしています。例えば、交感神経が優位になると血管が収縮し、血圧を上昇させますが、副交感神経が優位になると逆に血管が拡張し、血圧の低下をもたらします。また、心拍数も交感神経が優位になると増加しますが、副交感神経が優位になると減少します。

このように、体内の環境は自律神経のバランスによって適切に保たれており、鼻の粘膜にある血管の収縮や拡張も自律神経によって通常はコントロールされています。

ところが、激しい寒暖差による刺激を受け続けると自律神経のバランスが乱れ、鼻の粘膜の血管の収縮・拡張の調節もうまくいかなくなります。その結果、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎の症状が表れやすくなるのです。

[出典] サワイ健康推進課 様

ようするに、 気温差による自律神経バランスの乱れということですかね。

確かに、症状は似ていますね。とにかく鼻水が止まらないのがネックですし。

 

できるだけ内外の気温差をなくすようにすれば、こういったことにはならないんだと思いますが、実際には無理ですよね。

外に合わせたら家の中は寒くて仕方ありませんし、家の中に合わせるわけにもいきませんし。

まあ、外に出るときは、できるだけ暖かい格好で出かけましょう、とするくらいですかね。