Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

即時行動か期限ギリギリか

新人OJTネタです。

新人の2年が終わり、研修員としての報告書を出すことになりました。

当然、上長に提出し、審査・承認をして貰う必要がありますが・・・。

 

報告書を作成して、上長の審査/承認をもらったものを提出するまで2週間の猶予があったわけですが、こういう時、どう進めるかは結構人によって性格が出ますよね。

 

私の場合、自分だけで閉じている作業であれば、自分で調整が効くこともあるので、期限に間に合えばいいやくらいの日程間で進めます。

ただ、上長に確認して承認印をもらうなど、自分だけで閉じていないものの場合、ギリギリに慌ててやるのが嫌で、残っていると気になってしまうので、さっさと片付けてしまいます。

 

しかし、今回の新人さんは・・・かなりズボラなイメージ。(あくまで個人的なイメージですが・・・)

今回の報告書に限らず、ここまでの全ての提出物とかも、いつも期限ギリギリ

上長への確認依頼も、あくまで自分の日程感で進めるというかなりリスクを含んだやり方・考え方・・・。

提出締切日に確認依頼を出せば間に合うので大丈夫だろうという感じで、実際、その日、上長が休みじゃないか、空き時間があるか、といったことを全く確認していないということもしばしば。

相手の日程・スケジュールを考慮しておらず、基本的に「自分中心」「自分に合わせろ」というスタンス

そういう考え方ができるという点で、ある意味大物だなと。

 

もちろん、結果的にそう見えているだけであり、リスクを考えていないだけということも十分ありそう。

・・・というか日程感を聞いたりすると、慌てて確認したりするので、単純に考えていないだけという可能性がかなり高そうですが・・・。

 

まあ、個人的な意見になりますが、どうせ期限までにやらないといけないのであれば、できるだけ早めに片付けてしまったほうがいい気がするんですが・・・。

このあたり、自分とは性格が真逆なので、ストレスにはなりますね。