Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

警察のチェックの甘さ

今年は免許更新の年ということで、更新のために警察署へ行ってきました。
優良ということで、即日交付でありがたかったわけですが、
免許証を受け取ってからまさかの問題が発生…。

新免許証の名前の漢字が間違っていて、それに気づいたのが警察署を出てからだったので、あわてて戻って受付に伝えて、作り直してもらうことになりました。
本来なら、優良者講習だけで1時間くらいで終わるはずが、さらに30分くらい待たされることに…。
修正された免許証を渡されたときに、どうしてでこうなったのかを聞いてみましたが、「担当が打ち間違えた」…とだけをひたすら繰り返すだけ。
ラチがあかないので、質問を変えて、「クロスチェックとかしないんですか?」とか聞いてみても、ただただお茶を濁す曖昧な回答のみ。まあ、やっていないんでしょうね。
繰り返される中身のない回答に呆れて、「もういいです」と言って帰りましたが…。

それにしても、免許証ってこんなにテキトーに作られて交付されていたことを知ってビックリでしたね。どんな書類や証明書でもそうですが、こんなにあっさりと間違えましたと言われても、はっきり言って信じられません。