Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

目標を持つこと

引き続き、OJT関連の日記。 

coublood.hatenablog.com

coublood.hatenablog.com

私の下に新人が入って早3か月。

正直、忙しかったこともあって、あっという間でした。

 

新人教育として、考えないといけないこととして、「どうやって教育していくか」ということがあると思います。 

やはりせっかくやるのであれば、少しでもその人の「やりたいこと」「身につけたいこと」ができ、かつ「進みたい方向に向かっていける」ようにしてあげたいと思っています。

ただ、問題なのが・・・その方向が本人から出てこない場合。

 

自分「自分で強みって思っていることって何?」  新人「・・・・・・。」

自分「逆に克服したいこととかは?」  新人「・・・・・・。」

自分「やりたい仕事ってどんなことかな?」  新人「・・・・・・。」

自分「この業界を選択した理由って何かな?」  新人「・・・・・・。」

 

何か方向を定めるために、情報を引き出せないかと、色々とアプローチしてみましたが、何を聞いても、これといった答えが得られず、困っている状態だったりします。

もちろん、単純に会話が苦手とかそういうことも考えられますが、他の話題だと普通に話せるんですよね。

 

もちろん、この3か月で色々とやってきましたが、やはり思うのは、

「目標を持った人間は強い」ということでしょうか。

f:id:coublood:20201003105040p:plain

明確な目標を持つことで目指す方向が定まり、方向が定まることで、その方向にどうやって向かえばいいかが見えてくるわけです。

 

そのため、今回の場合は、当人の目標が曖昧なままというのが良くない点ですね。

目標を見つけようということは何度も話していても、返ってくるのは「どうしたらいいですか?」の一言。

f:id:coublood:20201003105208p:plain

正直、さすがにこれには、こちらもどう答えていいやら・・・。

 

目標がない状態で、「どうしたらいいですか?」と聞かれた場合って、どう答えればいいんでしょうかね。

例えば旅行に行くときに、どこに行くか、方角すら決めていないのに、「どの列車に乗ればいいですか?」と言われているようなものだと思います。

駅とかで、通行人や駅員に、どこに行くかを決めていない状態で「どの列車に乗ればいいですか?」と聞いても、答えるほうが困ってしまいます。

もちろん、本人がどうなってもいいというのであれば、勝手にこちらのオススメを答えてしまえば良いわけですが・・・。

 

結局は、当人の目標ばかりは、本人が意志を持って決めてもらうしかないと思います。

アドバイスはもちろんできたとしても、それが必ずしも本人のためになるとは限りませんし、下手をすると、真逆方向に進んでしまうことだってありえますからね。

 

このあたりは、本人に自分と見つめ合ってもらうしかないですね。

自分の人生なので、それは自分で考えてもらわないとどうしようもありませんので、