Cou氏の徒然日記

ほのぼの日記ブログです。

【It Is Ticking】Chapter.10 The Laboratory その1

■ IT IS TICKING


大型アップデートにより、新しいコンポーネントChapter.10などが追加されました。


あとは、各コンポのイメージも結構変わってたりします。

 

★これまでの登場したコンポーネント

(1) Bomb Default Contoller

タイマーが 0 になるか、「DET」ポートが作動すると、爆弾の信管に点火する。

[爆弾を解除する方法]

  • 電源を切る (赤いポートへの通電を抑止する)
  • すべての解除ポートへの通電をする (すべての緑色ポートへ通電させる)
  • 【警告】「DET」ポート(黄色ポート)への通電はしないこと

 

(2) Manual Switch

スイッチをクリックして出力を制御する。

  • ON : 電力が通過する
  • OFF:電力の流れをブロックする

 

(3) Baterry

回路に対して電気を定常的に供給する

 

(4) Normal Wire

2本の埋め込みワイヤーを接続し、電気を流す。

デフォルトでは2本の埋め込みワイヤーを接続している。

一度切断すると、2本の埋め込みワイヤー間の電気の流れを止めることができ、再接続はできない。

 

(5) Manual Button

このボタンをクリックして押し続けることで、電気の流れを維持することができる。

押されていない状態では、電気が通らないように遮断される。

 

(6) AND Gate

ANDロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、入力側の2つのポート両方に入力が必要。
  • どちらかのポートの入力がない場合、電力は通過しない。

 

(7) OR Gate

ORロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、入力側の2つのポートのうち少なくとも片方に入力が必要。
  • 両方のポートの入力がない場合、電力は通過しない

 

(8) XOR Gate

XORロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、入力側の1つのポートだけに入力が必要。
  • 両方のポートからの入力がない場合、または入力がある場合、電力は通過しない。

 

(9) FlipFlop Gate

Flipflopロジックによる電力の流れの制御を行う。

  • 出力側に通過させるには、POWERポートかつONポートに通電させる必要がある。
  • POWERポートに通電がない場合、またはPOWERポートに通園があってもOFFポート側に通電がある場合、電力は通過しない。

 

(10) One In Two Out Switch

入力に対し、2つの出力のうち、どちらの出力にパススルーするかを切り替えられる。

  • 上:入力がある場合、上側のポートに出力
  • 下:入力がある場合、下側のポートに出力

 

(11) Capacitor 

エネルギーを蓄積し、蓄積したエネルギーを放出しきるまで出力を供給する。

  • 入力ありの場合は、蓄積+出力を行う。
  • 入力がなくなった場合、出力のみ。(蓄積エネルギーが残っている場合)

 

(12) Timer

タイマーが「0」になることで、パススルー状態になる。

(タイマーが「0」になるまでは、遮断されてしまう)

入力ポートに通電することで、タイマーのカウントが進む。

 

(13) Two In One Out Switch

2つの入力ポートのうちどちらの入力を選択するかを切り替えられる

  • 上:上側の入力を通過させる
  • 下:下側の入力を通過させる

 

(14) Slider

スライダーの両サイドのコンポーネントを接続する。

スライダーのある位置のみ、コンポーネント間をパススルー状態になる。

(スライダーのない位置は、通電を遮断する)

 

(15) Clicker

Clickerは、0.4秒間のうち0.2秒間だけ通電する。

  • 白色Clickerは、通電した瞬間に
  • 黄色Clickerは、通園して0.4秒後に

ON/OFFが継続的に切り替わります。

(つまり、白色Clickerと黄色Clickerは同時には通電されない

 

(16) Special Controller

画面上のすべてのタイマーを停止させることで、爆弾の解除になる。

 

◆ Stage.1

★追加となるコンポーネント

追加になるコンポーネントは以下の2つです。。

どちらもありそうでなかったですね。

 

(17) Intersect Gate

見た目通り、矢印のように入力と出力の位置が交差します。

「上の入力は下の出力」に、「下の入力は上の出力」になるだけです。

 

(18) Persistent Battery

初期は電力を出力しません。

ただし、2つの入力に電力が供給される(※同時でなくてもOK)ことで、永久バッテリーとなります。

そのため、一度出力する状態なると、以後はずっと電力を供給するようになります。

 

ということで、ステージ1に挑戦。

今回追加された2つのコンポーネントチュートリアルステージですね。

 

まずいつも通り回路の確認から。

赤ポートへの通電を断つことはできないため、2つの緑ポートへ通電が必要になります。

黄色ポートへの通電経路は以下の通り。

  • 6段スライダーの2段目
  • 6段スライダーの4段目
  • 6段スライダーの5段目
  • 右端AND  Gateの出力

まず、AND GATEの出力を遮断するために、AND GATEの上側入力手前のワイヤーを切断。

これでAND GATEの出力がONになることはありません。

 

あと6段スライダーの5段目の出力は、Intersect Gate手前のワイヤーを切ってしまえばOK。これで5段目の出力を無視できるようになります。

実際、スライダーの4段目、5段目が連続してOUTの状態だと、スライダーの切り替え時間に余裕がなさすぎて厳しいので、遮断可能な5段目は処理しておいたほうが良いです。

 

そのため、あとは残りの2つに気をつければいいわけですが、スタートの状態だと、常にスライダーのすべてのポートに電力が常時入ってしまうので、まずは下のスイッチを切り替える必要があります。

これで、Clicker経由での通電になるため、スライダーを切り替える時間が生まれます。

 

あとは、スライダーを「1段目」→「3段目」→「6段目」と切り替えながら、2つのPersistent Batteryに充電していけばOK。

1度充電すれば、新たなバッテリーになるのが面白いですね。

 

◆ Stage.2

いつも通り、まずは回路の確認から。

赤ポートはいつもどおり電断は不可。そのため、緑ポートへの通電が必要になります。

そして、黄色ポートへの通電経路を見ると…一番右下のOR GATEの出力につながっています。

つまり、このOR GATEの入力に通電されないようにしないといけません。

 

まず目に入るのが3つのスペシャルタイマー。

一番上のタイマーは、緑ポートへつながっている唯一の経路なので、このタイマーをゼロにする必要がありそうです。

逆に残りの2つのタイマーは、右下OR GATEへの入力につながっているため、これらのタイマーは絶対に「0」にしてはいけないということになります。

 

そのため、下2つのタイマーの入力をガードできないかを考えてみると…

一番下のタイマーは、上側の入力のワイヤーを切ってしまえば、タイマーカウントダウンは進まなくなります。

続いて真ん中のタイマーは、下側を封鎖できればいいですが、1in2outスイッチの出力を調整しないといけないです。

ただ、下向きに切り替えれば、下のタイマー側にいきますし、下のタイマーはワイヤーで断電できるので、1in2outスイッチは下向きに切り替えてしまえばOKです。

これで下2つのタイマーは止められるため、安全になります。

 

あとは、真ん中タイマーの右横にあるワイヤー。

これは、切断しておかないといけないです。

その手前の、上のタイマーの左横のワイヤーもありますが、こちらは切ってしまうと、一番上のタイマーのカウントダウンも止めてしまうことになり、緑ポートへの通電ができなくなり詰んでしまいます。

 

あとは、左下の縦ワイヤー。

これも、OR GATEに入ってしまうのでこれも切断が必要。

 

ここまで実施すれば、準備完了。

この回路、爆弾のタイマーが 1分30秒(90秒)しかないので、結構短いです。

その時間の間に、一番上のスペシャルタイマーの時間を「0」にしないといけないので、じっくり考えていると間に合わないですね。

 

スタートしたら、まずは一番上のボタンを押して、上のPersistent Batteryを有効に。

さらに、上の1in2outスイッチを下向きに切り替えて、2つ目のPersistent Batteryを有効にします。

(準備段階でワイヤーなどを切っておけば、切り替えてもOR GATEに入力が入らないので黄色ポートへ通電されないはず)

 

これで、一番上のスペシャルタイマーの両入力ポートに通電されるため、カウントダウンが入ります。

あとはカウントが0になるのを待つだけ。

これで無事に解除完了です。

まだまだ簡単ですね。