Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

バイオハザード5 Chapter 6

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/coublood/20190803/20190803130645.jpg

Chapter 6-1 「船首甲板」


いよいよクライマックス。
ウエスカーを追って、船に乗り込んだところからですが・・・。
やたらデカい船ですね~。
そして、何となくメタルギアソリッド2のタンカー編を思い出させるこのシチュエーション。
まあ、あっちは見つかると色々と面倒ですが、こっちは問答無用で進むしかないですし・・・。

甲板では、パートナーが檻に閉じ込められたり、色々な敵に攻撃されたりと忙しいMAPでしたが、
レベルはそこまで高くないですね。

目新しい敵といえば、グラサンと葉巻がやたら似合う、ガトリングを装備したマジニですかね~。
遠距離で戦うとつらいですが、接近すればかなりのザコ。
攻撃してよろめかすと、リバースナックルとか普通のフィニッシュに使うような体術が最初から出せるので、かなり楽。
某リーパーとかに比べれば危険度はかなり低そう。

Chapter 6-2 「船央甲板」


6-2は比較的短いチャプター。
エクセラで始まってエクセラで終わりという感じですが、
最初からコマンドの連続で大変。連打もありますし・・・。
一つの失敗でゲームオーバーですからねー。

逃げ切った後は、船内をちょこちょこ探索。
たまにコマンドで避けるというイベントが発生することもありますが、油断さえしていなければ。

ボスは、L・T・Dでひたすらロックオン。
たまに撒き散らされるザコのほうが鬱陶しいかもしれないです。
まあ、倒すとアイテムが出るのでありがたいですが。

Chapter 6-3 「船橋甲板」


いよいよラスト。ここまで、本当に長かったです。

最初は、隔壁を開けてひたすら進むだけですが、途中で現れる、リーパーやガトリングマジニが非常に鬱陶しい・・・。
1体ならまだしも、複数出てくる上、リーパーを素早く片付けられないと、
その後のガトリングマジニの出現によって、修羅場になっちゃいますし・・・。
ひたすら耐えつつ、中ボスを片付けていくという方法しかないみたいですね。

そして、ウエスカー戦第1R。
ここでは、エクセラが落とした薬をウエスカーに注射すればOKみたいですが、
羽交い絞めにするまでが大変・・・。
ロケットランチャーがありますが、明るいまま正面から撃つと簡単にかわされますし、
暗くして視界をうばってから撃っても、受け止めてしまいますし・・・。
ただ、最初何回かは気づきませんでしたが、受け止めている間に撃てば爆発させてダメージを与えることが可能なんですね・・・。
全然気づかなかった(苦笑)

続いてウエスカー戦第2R。
ここでは、コマンドバトルのみですね。
ただ、かなりシビアなので、油断しているとあっという間にゲームオーバー・・・。
最後の、シェバを助けるシーンでは、完全に油断していて、ミスを連発。(苦笑)
空しいゲームオーバーを何度も出してしまいました。

そして、溶岩地帯で行われるウエスカー戦第3R。
もうイベントをひたすら進めて、中央の高台まで引き寄せて、ひたすら攻撃攻撃あるのみです。
でも、範囲攻撃以外は何とかなるので、意外に楽でした。

いやー、かなり大変でしたが、無事クリア!!

・・・と思っていたら、最後のロケットランチャーもコマンドだったとは・・・。
まさかのコマンド入力ミスで、ヘリが墜落してゲームオーバー(爆)
やらかしました。
でも、コンティニューではウエスカー戦後からだったので一安心・・・。
またあの面倒なバトルを繰り返すのかと焦っちゃいました。



感想


簡単な感想ですが、面白かったですね~。
完成度は相当高いかと。
ほかの人と組んでプレーというのをやっていないので、まだまだこれからですけどね。

ただ、前作の4からになりますが、
個人的には初期のバイオハザード(~3?)のような謎解き要素がなくなって、
どちらかというとシューティング的な流れがメインになってしまっているのがちょっと物足りないかなと。
開かないドアをあけるため鍵を探してウロウロしたり、部屋に仕掛けられた謎を解いたりなど・・・
あとは、怖さがそれほどなくなっているのも。(笑)

それにしても、ストーリーの流れだと、5でまたメインキャラが大幅にいなくなって、
これからの展開は果たしてどうなるんですかねえ。
そして、今までに登場したキャラの再登場は果たしてあるのか・・・。
気になるところです。

次回作からもまた目が離せませんね。