Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

GHOST OF TSUSHIMA (ゴースト・オブ・ツシマ) 其之五 -紫電一閃-

■ ゴーストオブツシマ

f:id:coublood:20201017145637j:plain

 

こういったゲームをやっていると、本編そっちのけで色々なところを探索したくなるので、ストーリーは全然進みませんね(笑)

でも、実際探索が無駄になるわけではなく、むしろ、強い技を覚えられたり、素材が集まって武器・防具をパワーアップさせたりできるので、より楽しめます。

 

その中でも有用なのが、「伝承」

合計で4つ技を覚えられるみたいです。また、有用な装備も得られるみたいです。

 

まずは装備で忠頼の鎧

地図を手掛かりに、紫の花の場所を探す旅です。

目印は多いので、そこそこ迷いますが、何とかたどり着けました。

f:id:coublood:20201101211910j:plain

f:id:coublood:20201101211916j:plain

f:id:coublood:20201101211919j:plain

そして、技の1つ目、紫電一閃』

気力を1つ消費する代わりに、相手にガード不能の攻撃を仕掛けられるというかなり便利な技です。

序盤は、剛兵はひるませられないので、こういった技を使わないと、なかなか大変です。

 

f:id:coublood:20201101232454j:plain

 

伝承では、技を覚えるために、一対一の戦闘

この時ばかりは、冥人の技が使えないので、ガチの真剣対決です。

といっても、ガード不能攻撃以外は、パリィを狙って、相手の攻撃を弾いた時に攻撃すれば、さほど・・・という感じです。

 

この技を使うと、本当に敵を倒すのが楽になります。

そんなわけで、各地の蒙古の拠点をどんどん奪還しまくり。

f:id:coublood:20201101212755j:plain

f:id:coublood:20201101212759j:plain

なんだかんだで、剛兵に特攻がある、最後の「月の型」まで会得。

序盤はほぼ力押ししかできなかったですが、型の使い分けができるようになると、かなり有利に高耐えるようになりますね。

 

厳原のイベントはほぼ消化し、いよいよ決戦地「金田城(かねだのき)」に突撃です。