Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

スーパーマリオブラザーズ35 プレイ記録+こんなSPバトルあったらいいなあ

 お題「#買って良かった2020

前にも書きましたが、今年は買ったものでベストなものは、やはりニンテンドースイッチNintendo Switch) かなと思ってます。(笑)

f:id:coublood:20201028231626j:plain

Nintendo DSのときもかなり迷って、結局買っちゃいましたからねー。(約15年前)

coublood.hatenablog.com

 

やっぱり、今回も買った理由はマリオ(笑)

f:id:coublood:20201030004922p:plain

私の振り返るとNintendo(任天堂)の新ハードを買うきっかけになっているのは、全部マリオですね。

やはり新ハードにはそれに対応したキラータイトルがあるといいと思いますが、任天堂はマリオという絶対タイトルがあるのが大きいと思います。

PSもあると思いますが、今のところ必ず出てくるのは、リッジレーサーですかね。

ただ、個人的には微妙かなとは思っています。

PSは決まったキラータイトルはないというのが唯一のデメリットなのかもしれませんが、幅広いジャンルやタイトルのゲームがでるので、そういうのもいらないのかもしれないですけどね。

 

それにしても、スーパーマリオブラザーズ35も、期間限定なこともあり、あと数ヶ月で終わってしまうんですよね。

まあ、私の場合はほんの1ヶ月ちょっとですが、かなり楽しませてもらってますからね。

 

■ プレイ記録

f:id:coublood:20201229122820j:plain

気がつけば、100勝間近。(この後無事達成)

結構やってますね(笑)

f:id:coublood:20201229131204j:plain

倒した敵の数はもう言わずもがなですが、逆に1000匹いっていないのが3種類。

「白プクプク」「メット」「バブル」。

白プクプクは海面W2-2、W7-2でファイアマリオでしか倒せませんし、メットはやはり全体的に数が少ない。

バブルは・・・基本的にスターしか倒せませんので。(例外はクッパの橋で出るバブル。斧を取れば倒せる)

f:id:coublood:20201229131141j:plain

プレー回数を見ると、やはり圧倒的に多いのは「W1-1」「W1-2」。

まあ、当然こうなりますね。

難易度的に選ばれること自体が少ないのが「W7-4」「W8-4」でしょうか。通常のバトルでたとえ自分で選択していても、ワープを駆使してかなりステージ数をこなさないと出てきませんので。

それにしても、「W4-3」って選ぶ人が少ないんですかね

チーズブリッジのステージで私は結構好きなんですが。

確かになかなか出てきませんので。SPバトルでも私がやっている範囲では出てきていませんし。

 

 

もっと色々とバトルを楽しみたいですが、さすがにそろそろ飽きも入ってくる部分もあるので、期間的な設定はちょうどいいのかもしれません。

個人的にぜひやってほしいスペシャルバトルもいっぱいあるんですよね。

 

■ 個人的にぜひやってほしいスペシャルバトル

(1) 裏面ステージ

スーパーマリオブラザーズをW8-4をクリアすると、W1-1からまた始まりますが、そこでは、全てのクリボーがメットに変更。しかも、足が速いです。

メットの特徴として、ファイアボールが全く効かないので、ファイアマリオがかなり強いこのスーパーマリオブラザーズ35ではかなり脅威になるのではないでしょうか。

 

(2) カウンターモードオンリー

スーパーマリオブラザーズ35では、敵を倒すと他のプレイヤーに敵を送り込めますが、その中でも「カウンターモード」は、自分を狙っているプレイヤー全員にまとめて返せます

つまり、5人に狙われていると、敵を1体倒すだけで合計5匹返すことになり、つまり敵の数が爆増します。

このモードをカウンターモードオンリーにできないかなと。

もちろん、敵の数が爆増しすぎると、処理的に大変なことになるので(キラーとかは画面いっぱいになって処理落ちしているのを見たことがありますので・・・)、ステージはある程度選定が必要かもしれませんが、敵が爆増するという意味で面白そうかなと思いました。

 

(3) ルーレットでのファイアマリオ、スターなし縛り

スーパーマリオブラザーズ35の特色として、20コインを使ってルーレットを回して自分に有利な効果を得られるという特典があります。

それでファイアフラワーやスターが出れば、かなり強いわけですが、逆にこれらを封印できれば、もっと慎重で緊迫感のあるバトルができるのではないかという考えですね。

 

もっともっと続いてほしいと思う反面、続きすぎても飽きが出てくるので難しいですね。