Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

忘年会2021 Day2

忘年会のための1泊2日旅行の2日目。

 

coublood.hatenablog.com

 

前日は、ホテルに着いたのがAM3:30頃

それからお風呂に入って、のんびりしていたらもうAM5:00に。

さすがに完徹で次の日を過ごすのはキツイので、アラームを死ぬほどセットして眠りにつきました。

 

そして、朝8時。

気が付いたらアラームが鳴りまくってました(苦笑)

f:id:coublood:20211208001646p:plain

それでも起きれるもんですね。

 

朝食はバイキング。

8時半頃とはいえ、さすがにこの時間だとみんな食べ終わっていて、ほぼ誰もいなかったです。

そんなわけでのんびりできました。

f:id:coublood:20211206212355j:plain

 

そして、朝9時ごろには出発。

2日目は、名古屋で脱出ゲームをやろうということになっているので、まずは京都駅に。

 

f:id:coublood:20211206212414j:plain

f:id:coublood:20211206212429j:plain

 

京都駅も、結構すいていましたね。

今までなら(コロナ渦の前なら)、日曜日の人通りがこんなに少ないなんてないはずなんですが…。

自由席も結構空いていたので、すんなり乗って座れちゃいました。

 

そのまま名古屋へ。

喋っていたらあっという間でした。

 

f:id:coublood:20211206212446j:plain

f:id:coublood:20211206212512j:plain

 

そこから移動のために地下鉄で大須方面を行こうとしていましたが、目に入ったのが、名駅高島屋

入り口にいつもなにかディスプレイされていて、毎回楽しみなんですが、

今回はさすが年末。サンタとトナカイが飾られていました(笑)

 

f:id:coublood:20211206212537j:plain

f:id:coublood:20211206212558j:plain

 

そこからは地下鉄に乗って上前津へ。そこから大須商店街へ。

少し散策して、お昼ごはんは何を食べようかという話になりましたが、友人の希望で「やっぱりステーキ」へ。

いきなりステーキなら何度も行ったことがありますが、やっぱりステーキは初めてですね。むしろそんなのあったの?というくらいの感じでしたが…

 

f:id:coublood:20211206212627j:plain

f:id:coublood:20211206212642j:plain

 

半徹開けで胃もたれ気味で、脂っこいものはノーサンキューな状態ですが…

食べてみるとあっさりしていて美味しい美味しい。

1000円という値段ともあいまって、美味しくいただけました。

 

そして、午後からは今回の目的である脱出ゲーム会場へ。

 

f:id:coublood:20211206212718j:plain

 

www.scrapmagazine.com

f:id:coublood:20211208160611p:plain

 

今回挑んだのは、「Escape from The RED ROOM」(赤い部屋からの脱出)

制限時間は30分で、最大6人一組。

今回は初めての人3人、ベテラン1人+我々2人でのトライ。

 

f:id:coublood:20211206212733j:plain

f:id:coublood:20211206212749j:plain

 

結果から言いますと「脱出成功」

いい方向に色々と噛み合った結果、どんどん謎が解け、最終的にはかなりの残り時間を残して脱出。

自分的には、これから最後の謎かな?と思っていたところで、脱出成功となったのでびっくりでした。

以前、「エイリアン研究所からの脱出 リモートver.」で初脱出成功(ただし、ベストではなかった)ですが、これで2勝目です。

 

coublood.hatenablog.com

 

いやー、いざ脱出できると本当に嬉しいですね。

 

そして、時間があったので、ついでにもう一つ飛び込みで参加することに。

f:id:coublood:20211208190158j:plain

こちらは多人数ではなく、最大3人チームでの捜査推理ゲーム。

ある殺人事件の謎を、現場捜査をして解くというもの。

時間は40分で、証拠から犯人を自白に追い込めるかというものですが、こちらは残念ながら時間が足りなく、最後の推理が不十分のため失敗でした。

結構いいところまで行ったんですが、無念ですね。

 

脱出ゲームの最後の謎は、やはり難しいものが多いです。

最後の謎は一捻りしているものがほとんどなので、いかに先入観にとらわれず、思考ロックをしないようにして、謎に向かっていけるかですね。

 

こういったゲームも本当に楽しいです。

 

その後はちょっと休憩がてらご飯を食べて反省会。

やっぱり最後の謎が解けなかったのが悔しかったですね。

f:id:coublood:20211206212802j:plain

f:id:coublood:20211206212815j:plain

 

そして、その後は名古屋駅まで戻り、友人とはお別れ。

そこから帰還です。

f:id:coublood:20211206212832j:plain

 

一泊二日でしたが、本当に中身の濃い時間でした。

こういった時間は何物にも変えられない本当にかけがえのないものですね。