Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

マンガ購入(2013年4月編)

今月は全然本屋に行く機会がなかったので、買いそびれていたんですが、ようやく購入。
 
イメージ 2

まずは『咲』
本編と阿知賀編、両方の最新刊が同時に発売。
正直、最近は本編よりも阿知賀編のほうが面白いな~と思っている自分がいますが。
毎度言っていますが、しかし、全国大会はもう完全に特殊能力を持った集いですよね。

今回の場合は、新道寺女子の副将と大将のコンビネーションとか。
副将が縛りをかけて無事に達成できると、大将がその倍の翻数で和了がれるのは、
もはや麻雀じゃない気がしてきていますが…。

大将戦の結果は、気になって連載誌を読んでしまいましたが、
こちらもかなり大変なことになるみたいですね。
一応単行本のほうは、次巻で最終巻みたいなので、最終回までの過程が楽しみです。

本編のほうは、準決勝がまだこれから始まるというところなので、
麻雀を見れるのはまだまだ先になりそうですね。
11巻は、2回戦と準決勝の間の話、しかも阿知賀編とリンクしている部分がメインみたいなものですし。
 
イメージ 1
 
そして、バガタウェイ
自分はこのマンガ、すごく好きなんですが、本屋に行ってもなかなか売っていないんですよね。
今回は完全に発売日に買いに行きそびれてしまったので、最悪、ネットで注文するしかないと思ったんですが、
無事に1冊だけ置いてありました。
もっと人気が出てくれるといいんですが・・・

いよいよ公式戦が始まり、初戦の百道戦の決着から、最終戦大野城戦の残り1分までが
描かれていましたが、やっぱり面白いですね。
キャラの個性がやはりいい感じです。
それにしても、Aブロックはもし筑紫学園が大野城に勝つと、百道と並ぶことになりますし、
決勝トーナメントはどういう組み合わせになるのやら。
まあ、準決勝が小倉中央で、決勝が天神になるとは思うんですけどね。
どちらにしても、今後の展開が楽しみです。