Cou氏の徒然日記(2021)

ほのぼの日記ブログです。

Age of Empires II: HD Edition vs難しい3

昨日は5人集まりましたので、5人で難しい3に挑戦。
初期配置はこんな感じです。
 
イメージ 1
【チームボーナス】
  • ポルトガル : 暗黒の時代から味方と視界を共有
  • ブリトン    : 射手育成所の作業速度+20%
  • ベトナム    : 近衛散兵にアップグレード可能になる
  • ビルマ       : マップに聖なる箱が表示される
  • クメール    : スコーピオンの射程+1
やはり、ポルトガルのボーナスはかなりいいですね。
味方との連携を取る上ではかなり有用です。
 
イメージ 2

暗黒の時代から視界が共有できると、MAPも狭く感じますね。
斥候で一周したら、配置によってはもう隣の味方国と視界がつながるくらい。
そのため、猪や羊(ラマ・七面鳥)はどちらのものか一瞬迷ったり(苦笑)。
 
イメージ 3

いのし死(*1)が発生すると、みんなで「11」(*2)と打つのも定番。(笑)
 
(*1) いのし死:猪を連れてきて狩る途中で、その町人が猪に殺されてしまうこと。操作ミスをしたり、猪を狩る人数が少なすぎると発生。暗黒の時代での唯一の死亡事故。(苦笑)
(*2) 11 : 笑い声のボイスが流れる。
イメージ 4

領主の時代に入り、最後衛の水色が、ど真ん中に前線を構築。
さすが領主ラッシュの鬼です(笑)
自分はこんな大胆なことはなかなか…。
 
イメージ 5

イメージ 6

上のほうでは領主戦が開戦。
下は即城二人だけに対照的な開戦となりました(笑)
 
イメージ 7

挙句の果てには出てきた騎士にも散兵で戦う強者(笑)
さすがにこの後は撤退していましたが。
 
イメージ 8
イメージ 9

逆に青・白の下組は、W騎士で少しずつ前進。
騎士は高いので、やはりお爺さんを置いて回復しながら大事に運用(笑)
 
イメージ 10

そして、そのあとは、バリスタエレファントアランバイも加わり、一気に緑を撃破。さすが1vs2だと楽ですね。
 
誰かが言っていましたが、象がこれだけいろいろな国で出せるようになると、
ペルシアの意味って…。
国のアイデンティティがもはや半減…。
 
イメージ 11

イメージ 12

そうこうしているうちに、上側では・紫連合軍オレンジのバトルが開始。帝王の時代なので、やはり遠投投石機が大活躍ですね。
 
イメージ 13

そして、赤ポルトガルオルガン砲が大活躍。
個性的で面白いユニットです。
 
イメージ 14

最後は5国5様のユニットが集まり、最後の黄色のインカを蹂躙…。
さすがにこれはかわいそうでした(苦笑)
 
まあ、対人戦だと誰かがギブアップした時点で普通は終わります(全員放棄します)ので、こうなることはないんですが。
 

何はともあれ、もう難しい3でもいけるようになりましたので、
今度は「非常に難しい」ですかね。