Cou氏の徒然日記(2022)

ほのぼの日記ブログです。

SEKIRO -SHADOWS DIE TWICE- 激闘日記その32 (落ち谷探索・2 長手の百足ジラフ)

※ネタバレありです。

 

蛇の目シラフジを倒したあとも、ひたすら銃撃される中を抜けていかないといけないハードなステージです。

とにかく、ロックの数が多い…(苦笑)

 

 

特に細い橋の上を渡るのは、本当に危険

 

 

ジグザグに走るなどして、銃撃を極力浴びないようにしないと、とても進めません。

さらに壁を登っているときも、上から銃弾の雨が…

 

逆に的に接近したあとは反撃開始。

岩場にいる落ち谷衆を順番に忍殺していけばいいので楽しいです。

 

 

ただ、ショットガンのような銃をもった落ち谷衆だけはかなり厄介。

固くHPも高く攻撃力も高いので、まともに戦うと瓢箪がいくらあっても足りないくらい。こいつは絶対に正面から戦わないほうがよさそうですね。

 

 

それでも、何とか無事に次の鬼仏(鉄砲砦)に到着。

 

今までの谷のような場所から一点、一気に岩の中の洞窟を進むような感じになりました。

 

その先には中ボス「ジラフ」

這いつくばった形で攻撃を仕掛けてきます。

 

ものすごくラッシュをかけてくるので反撃する暇がない・・・と思いきや、いつぞやの

佐瀬甚助と同じく、弾いていれば勝手に体幹が崩れていって、あっさり倒せます

 

唯一気をつけるべきは、敵がバックステップで下がったあとに来る危険攻撃(下段)

こいつさえタイミングを見てジャンプでかわしてしまえば、何の問題もありませんでした。

死なずに1発で倒せた中ボスはこいつが初かもしれません(笑)

 

ジラフがいた建物からは穴が開いていて床下に行けたりといろいろとあり、数珠玉他アイテムが手に入りましたが、その先は鍵がかかっていて進めず。

 

 

狼さん、これくらいの壁、普通に壊せませんかね?

なんなら落ち谷衆から鉄砲をもらってきて撃てば、簡単に壊せると思うんですが(苦笑)。

 

まあ、そこはゲームなので仕方ありませんので…

とりあえず、一旦落ち谷の探索も終わりのようです。

 

拾った大うちわは、新たな忍具ということで、早速仏師のところへいって仕込みです。

 

 

使うことで敵の向きを強制的に変えて、背後忍殺を決められるようになるという、ちょっと面白い忍具のようです。

 

忍具の強化のほうも、錠前のマークが減りました。

…ということは忍具もあと1種類デコンプかな?という感じ。

 


あと1種類の残りの忍具は果たしていつ手に入るんでしょうか。

揃うのが楽しみになってきました。

[TODOリスト]

  • 井戸の先の探索
  • 落ち谷の探索 → ジラフを撃破 → 鍵がなくて進めず
  • 葦名弦一郎を倒す